サボり社員にGPS追跡アプリは有効なのか?

ノンワーキングリッチ

会社では大した仕事もしていないのに、高給を得る社員のことを指す言葉ですが、
どの会社にも、1人や2人はいるのではないでしょうか?

このページでは、ノンワーキングリッチへの対処方法を2つ紹介しています。

私が知っている会社では、出社から退社まで、ひたすらパソコンで「上海」というゲームをしているおじさんがいました。
年齢は50代後半で、いつも寿司をおごってくれていたので、給与は悪くなかったのでしょう。

競争力が必要となるビジネスの世界で、
ノンワーキングリッチは頭の痛い問題です。

上海を極めようとする社員の給料で、
伸びしろのある新入社員を2人雇えるのですから。

しかし、大きなミスがなければ、
減給や退職勧奨できないという企業も少なくないはずです。

ある企業では、会社のPCの仕様履歴を全て確認して、
業務とは関係のないことをやっていた社員を洗い出し、
異動や減給のとっかかりとして、成功した事例もあるようです。

内勤の多い社員だったら、パソコンを調べればいいですが、
外勤の多い外回りの営業などに、この方法は通じるのでしょうか?

たまたま商談が早く終わって、次の予定まで時間が空いたので喫茶店で時間を潰す。
その程度を咎める会社は無いと思いますが、
ひどい社員になると、さぼる時間を見込んで外出の予定を組んだり、
本当は立ち寄る予定がない会社を訪問すると嘘の予定を報告するなど、
まさに、働いていないのに給与をもらう社員ですね。

外回りの営業を監視する方法として、
GPS追跡アプリを利用する方法があります。

個人の使っているスマホにアプリを入れるのは抵抗があるかもしれませんが、
会社でスマホを支給しているのなら、この方法もありではないでしょうか?

事前に、GPS追跡アプリを入れていることを告知していれば、問題にはならないでしょうし、
サボりの抑止力にもつながります。

>>GPS追跡ができるAndroidアナライザー詳細はこちらです<<

GPS追跡アプリ

GPS追跡アプリにまつわる疑問

GPS追跡アプリは注目されているようで、
度々質問を頂くことがあります。

いくつか代表的な質問について回答したいと思います。

スマホのGPS機能をオフにしても使えますか?


GPS追跡アプリは、スマホのGPSデータを元に追跡を行います。
GPS機能がオフになると、アプリにデータを渡すことができません。
なので、GPS追跡アプリは機能しません。

ただし、GPSをオフにしていたことは分かりますので、
社員の勤務管理にGPSアプリ入のスマホを渡した場合、
GPSがオフになっていれば、GPS機能をオンにするように指示しましょう。

Androidアナライザーであれば、
スマホのポップアップメッセージを出すことができますので、
「GPS機能をONにしてください。」等のメッセージをダイレクトに送ることができます。

スマホが圏外でもGPS機能は使えますか?


GPSはインターネット回線とは違う電波を受けて利用するので、
圏外の場所でも、定期的にスマホの位置情報を取得することができます。

ただし、現在のスマホの場所をパソコンに送るには、
インターネット回線が必要なので、リアルタイムにスマホの場所を知ることはできません。
スマホがインターネット回線に接続できる場所に入ると、
今まで貯めていた位置情報をパソコンに送ります。

例えば、GPS追跡アプリの入ったスマホを登山に持っていった場合、
登山ルートは克明に残りますが、入山中が圏外だと、
Androidアナライザーから場所を知ることはできません。

下山して、圏内に入ると、蓄積された登山ルートがAndroidアナライザーに送信されます。


GPS追跡アプリ

GPS追跡アプリ実践記1

では、GPS追跡アプリを入れたスマホを持って、
社員Nさんに日常を過ごしてもらいました。
もちろん、これはスマホにGPS追跡アプリを入れることの了承を得ています。

まずは、GPS追跡機能の使い方を紹介します。

AndroidアナライザーのGPS追跡機能使い方

準備として、パソコンにAndroidアナライザーをインストール。
スマホには、AndroidアナライザーのGPS追跡アプリをインストールします。

1.Androidアナライザーの「位置情報」をクリックします。
2.設定変更で位置情報追跡にチェックをいれます。
3.更新間隔を選択します。
例えば、スマホの位置情報を15分毎に知りたいときは、
「15分」を選択します。
4.設定適用をクリックします。

以上で、スマホにインストールされたGPS追跡アプリが、
指定した間隔ごとにスマホの位置情報を記録するようになります。

あとは、スマホを持って自由に行動してもらいます。
これで、社員Nさんの行動が丸わかりです!

では、位置情報を確認してみましょう。

5.Androidアナライザーを起動し、「位置情報」を選択します。
6.データ表示期間から、閲覧したい期間を選択します。
GPS追跡アプリの検証とはいえ、見られたくないものもあるでしょうから、
今回は、昼の12時~17時の間だけ位置情報を見てみます!
7.データ表示をクリックすれば、社員Sさんが行動した場所が表示されます!

※位置情報を表示するのに、Androidとの接続は不要です。
Androidアナライザーから遠隔で確認することができます。

GPS追跡アプリの結果は?

うーん。ほとんど家から出ていないことが分かりますね。
かろうじて、近所のコンビニに移動していることが分かりました。

あまりにも、家から出ていないため、Androidアナライザーの故障か?と心配になり、
念のため、Nさんに休日の行動を確認してみました。

Nさんいわく、
「休日は家でゆっくりしてました。休日って、休む日ですよね。
でも、コンビニに行ったのが分かってすごいですね。」
とのことです。

Androidアナライザーの故障ではないことが分かりました。

もう少し、移動してもらえるとGPS追跡アプリの凄さがわかるのですが、
協力してくれたNさんどうもありがとう!

>>>Androidアナライザーの詳細はこちらをクリック<<

GPS追跡アプリ

GPS追跡アプリを社員のスマホに入れる方法

GPS追跡アプリを実際にスマホに入れる方法を紹介します。

前提として、スマホのGPS追跡ができる「Androidアナライザー」が
PCにインストールされている必要があります。

また、会社支給のスマホとはいえ、
社員の使用するスマホにAndroidアナライザーを入れる場合は、
事前に説明をし、本人の同意を得るようにしましょう。

GPS追跡アプリAndroidアナライザーの入れ方


1.スマホのUSBデバッグをONにする

スマホの設定画面から、[開発者向けオプション]→[USB デバッグ]こちらをONにします。

sc_6
Android4.2以降では、[開発者向けオプション]が非表示になっているので、
以下の手順で表示する必要があります。

  1. スマホから[設定]アプリを起動し、[<デバイス種別>情報]を選択します。
  2. 下の方にある[ビルド番号]を7回タップすると[開発者向けオプション]が使用可能になります
  3. 表示された[開発者向けオプション]から[USBデバッグ]をオンにします

2.スマホを接続する

スマホとパソコンをUSBケーブルで接続します。
スマホ購入時についてきたUSB-miniUSBケーブルでOKです。

smartphone
3.スマホにGPS追跡アプリをインストールする

Androidアナライザーから「初期化」ボタンをクリックします。
自動的に、スマホにAndoroidアナライザーのアプリがインストールされます。

初期化2「
以上で、スマホにGPSアプリをインストールが完了します、

あとは、PCからAndroidアナライザーを起動し、
位置情報を確認することができます。

WS000075

GPS追跡アプリ

GPS追跡アプリは必要なのか?

GPS追跡アプリとは、
スマホやiPhoneのGPS機能を使って、
それらがどこにあるかをパソコン等から確認できるアプリケーションのことです。

スマホやiPhoneは外出時に携帯することが多いので、
GPSアプリを使うことで、事実上スマホやiPhoneの持ち主の場所を追跡することができます。

GPS追跡アプリは必要なのか?


GPS追跡アプリは必要なのでしょうか?
スマホやiPhoneの持ち主の場所を追跡する必要性はあるのでしょうか?

スマホの盗難や紛失に備える


スマホの盗難や紛失に遭った場合、
GPS追跡アプリがあれば、今、スマホを持っている人の場所が分かります。
大まかな場所さえ分かれば、スマホを取り戻すチャンスが増えますし、
メッセージの送信やカメラ撮影等の機能がついていれば、
さらにスマホを取り戻す可能性が増えます。

家族の安否を確認する


お子さんやお年寄りにスマホを渡す家庭も増えているのではないでしょうか。
一人で出かけて、帰宅が遅くなった時、
GPS追跡アプリを使うことで、今、どこにいるかを確認することができます。

もしも、通常とは違う場所や普段行かない場所にスマホがあれば、
盗難にあったか、何らかのトラブルに遭っている可能性もあります。

すぐに連絡をとることで、トラブルの回避につながることがあります。

社員の外出勤務を確認する


企業によっては外回りの営業などにスマホを支給するケースもあるようです。
すべての社員が性善説通りに勤務しているとは限りません。
中には、喫茶点やパチンコ店などでサボる社員もいるのではないでしょうか。

直帰の社員にイチイチ連絡するのも手間ですし、
商談が伸びていれば、電話にでることも難しいです。

もし、GPS追跡アプリがスマホにインストールされていれば、
社員が勤務時間中にどこにいたかを確認することができますので、
効率的に社員の外出勤務を確認することが可能になります。


GPS追跡アプリを使う際の注意点


GPS追跡アプリは使いようによって、プライバシーの侵害につながってしまいます。
GPS追跡アプリをスマホやiPhoneにインストールする際は、
  • 本人にGPS追跡アプリの説明をする
  • 本人の同意を得て、スマホにインストールする
この2点がトラブルを避けるために、必要です。
お互いのためにも、上記の注意事項を守って、
GPS追跡アプリをスマホにインストールするようにしましょう。

GPS追跡アプリ

GPS追跡アプリとは

GPS追跡アプリを知っていますか?
GPSといえば、カーナビに搭載されていて、位置情報を取得する機能です。

今では、スマホやiPhoneにもGPSが搭載されていて、
地図アプリで現在地が分かるようになっています。

有名なGPS追跡アプリは?

GPS追跡アプリを使うと、スマホやiPhoneの場所をパソコンから監視することができます。
GPS追跡アプリで一番有名なものはiPhoneの「iPhoneを探す」アプリではないでしょうか。

「iPhoneを探す」アプリをインストールしておけば、
iPhoneのGPSを利用して、パソコンからiPhoneの現在地を知ることが出来ますし、
遠隔でロックをかけたり、ファイルを全て消去することもできます。

screen568x568
iphone_search_application

スマホのGPS追跡アプリは?

スマホにはGPS追跡アプリのAndroidアナライザーがあります。
Androidアナライザーは、GPS追跡だけではなく、
カメラや電話、その他のファイルにアクセスすることができて、
「iPhoneを探す」よりも機能が多いです。

本サイトでは、スマホのGPS追跡アプリである
「Androidアナライザー」について紹介をしています。

GPS追跡アプリ